台風19号 阿武隈川流域広域の被災状況を宇宙から見る

台風19号の被害を衛星から観測しています。

阿武隈川流域の広域画像を作成します。

結果


今回もSAR画像を使います。

水があるところが黒くうつります。(空港も黒くなります)

3枚の画像を切り替えて表示しています。

 地図

 10月7日17時ごろ

 10月12日17時ごろ

10月7日は黒くなかったのに、12日は黒くなっている場所が被災の可能性がある場所です。

流域の多数の場所で浸水しています。

f:id:lemondh:20191018095226g:plain

阿武隈川流域の広域画像

衛星画像の利点と欠点

広域の被害状況を把握するのに有効です。

一方で撮影時刻が限られるので、浸水のように時間変化が大きい場合には、変化を連続的に観測することができません。

その為に、「最も被害が大きいときの被災範囲を理解する」というような用途には使えません。

無料衛星の場合には、情報の解像度が低いために、細かいところまで見えないという問題もあります。「○○さんのうちは大丈夫か?」という確認は困難な場合があります。

作り方

欧州の衛星sentinel1を使っています。無料で使うことができます。

 

台風19号 宮城県 丸森 角田 の浸水を宇宙から見る

 

台風19号の被害を衛星から観測しています。

宮城県丸森、角田地区の画像を作成します。


結果


今回もSAR画像を使います。
浸水したと思われるところを青くしてあります。非常に広範囲に浸水しています。

角田市の古くからの市街地は、この衛星写真が撮影された時点では浸水していないように見えます。

f:id:lemondh:20191017184700g:plain

SAR画像から抽出した浸水域 丸森

 以下は10月10日の衛星写真です。

水田が被災しています。稲刈りは終わっていたのでしょうか

この写真からでは解像度が足らずはっきりとはわかりません。

f:id:lemondh:20191017185039j:plain

丸森地区の衛星写真

作り方

欧州の衛星sentinel1, sentinel2を使っています。

どちらも無料で使うことができます。

 

 

台風19号の浸水 茨城県 那珂川

台風19号茨城県那珂川流域が浸水したと報道されています。
これを見てみます。


結果


今回もSAR画像を使います。
水があるところが黒く写ります。

f:id:lemondh:20191017095258g:plain

那珂川流域の衛星画像



3枚を切り替えています。
1枚目 10月7日午前5時43分

2枚目 10月12日午後5時41分

3枚目 10月14日午前5時35分

です。
7日の段階では、水がありませんが、14日ではかなり広範囲に浸水していることがわか

ります。

画面の右下の下流側では、12日よりも14日の方が黒い部分が狭くなって見えます。

 

作り方


sentinel1の画像を用いて作成しました。sentinel1はヨーロッパが打ち上げた地球観測用の衛星です。

台風19号 八ッ場ダムを宇宙から見る

台風19号八ッ場ダムが一夜で満水になったと報道されています。

これを見てみます。

 

結果

今回もSAR画像を使います。

水があるところが黒く写ります。

f:id:lemondh:20191016211326g:plain

八ッ場ダムの変化 10月11日から10月12日

2枚を切り替えています。

1枚目が10月12日午前5時51分、2枚目が10月13日午前5時42分です。

12日の段階では、細い線しか水がありませんが、13日では広い範囲に水があることがわかります。

 

普通の衛星で見ると

普通の衛星(光学衛星)で見てみると、こんな感じです。10月10日時点でまだ水が少ない状態の画像です。

残念ながら、増水の様子は曇っていて見えませんでした。

SARを使うと天気に関係なく観測することができます。

f:id:lemondh:20191016215638j:plain

光学衛星で見た八ッ場ダム(2019年10月10日)

 

多摩川は?

多摩川の様子の画像も作っています。

lemondh.hatenablog.com


作り方

sentinel1の画像を用いて作成しました。sentinel1はヨーロッパが打ち上げた地球観測用の衛星です。

 

台風19号の多摩川を宇宙から見る (sentinel1)

2019年10月12日から13日にかけての台風19号の豪雨。多摩川の変化を宇宙から見てみます。

 

画像の見え方

曇っていても、地上を観測できるSAR衛星を使います。

SARでは、水があるところが黒くうつります。その場所を青く着色しました。

結果

 

f:id:lemondh:20191016174925g:plain

台風19号の影響多摩川(sentinel1)

比較のために2枚の画像を切り替えて表示しています。

1枚目が10月6日の画像、2枚目が10月12日です。

10月6日では、河川敷が灰色、流路が青になっていて、川の一部しか水が流れていませんが、12日には、川全体が青くなり川幅いっぱいに水が流れているように見えます。

 

使った情報

sentinel1を使いました。

VVをlinearで表示しています。

 

 

 

小山町が出しているコース図と組織委員会のコース説明が違っている東京オリンピックロードコースへのリンクまとめ

東京オリンピック自転車ロードレースのコースの情報がいろんなところにばらけているので、リンクとしてまとめました。

 

組織委員会

地図では全体図しか載っていません。細かい部分を見ることができません。
tokyo2020.org

 

稲城市

www.city.inagi.tokyo.jp

 

多摩市

11.8㎞走ります。

www.city.tama.lg.jp

 

八王子市 

市内5.1kmを走ります。


www.city.hachioji.tokyo.jp

 

町田市

www.city.machida.tokyo.jp

相模原市 

30㎞走ります。

www.city.sagamihara.kanagawa.jp

 

道志村

www.vill.doshi.lg.jp

 

山梨県

 プレイベントの情報も

www.pref.yamanashi.jp

 

山中湖村

www.vill.yamanakako.lg.jp

 

小山町

小山町のホームページのコース図と、オリンピックのページにあるコース図に一部違いがあります。どっちが正しいのでしょうか?

詳しくは次回に。

www.fuji-oyama.jp

 

御殿場市


www.city.gotemba.shizuoka.jp

 

裾野市


www.city.susono.shizuoka.jp

ナイル川の一年を宇宙から見る(sentinel-2)

アフリカを流れるナイル川

白ナイルと青ナイルがスーダンハルツームで合流します。

場所はここです。 

f:id:lemondh:20191008102309p:plain

ハルツームの場所

この合流地点の2018年の一年間を衛星画像で見てみます。

使う衛星はsentinel-2。10m解像度の衛星です。

結果 

地形の特徴

青ナイルと白ナイルの合流地点です。

青ナイルは本当に青く白ナイルは本当に白いとは知りませんでした。

合流地点の川幅は約600mでした。

ちなみに、日本では利根川河口近くの広いところがおよそ1000mです。

合流地点の下側に見えている場所がハルツームです。

衛星画像を見ていても、天気が悪い日が少ないです。

一年の変化

右側から流れてくるのが青ナイル。左下から流れてくるのが白ナイルです。

1月は白ナイルの方が優勢に見えます。青ナイルの方へ逆流しています。

5月ごろから青ナイルの方が強くなってきて、6月には青ナイルが濁流の茶ナイルになっています。

9月ごろから白ナイルの流れが見えるようになってきますが、青ナイルの濁流が強いままです。

 11月ごろには青ナイルも段々と茶色が薄くなっていますが、青に戻るのは12月になってからでした。

8月には合流地点の白ナイル側の河岸と中洲の農地のようなところが完全に水没しています。

流れが弱い季節には、水は合流してもすぐには混ざらず、しばらく分離して流れています。

 

f:id:lemondh:20191007233354g:plain

青ナイルと白ナイル(2018年)

 作り方

衛星はsentinel-2です。

Google Earth Engineを使って、画像をピックアップし、レンジ拡張と色調整を行った後にanimation gifにしています。ファイルサイズを小さくするために、解像度を落としています。

 

  
地図出典 国土地理院 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html